発表文献

(最終更新: 2020年6月1日)

2018年以前の塩谷の論文などはこちらから参照してください.

雑誌論文


  1. Reoma Matsuo, Shioya Ryota, and Hideki Ando:
    Improving the Instruction Fetch Throughput with Dynamically Configuring the Fetch Pipeline,
    IEEE Computer Architecture Letters, Vol. 18, No. 2, pp. 170-173 (2019).
    DOI: 10.1109/LCA.2019.2952592
  2. Susumu Mashimo, Ryota Shioya, and Koji Inoue:
    VMOR: Microarchitectural Support for Operand Access in an Interpreter,
    IEEE Computer Architecture Letters, Vol. 17, No. 2, pp. 217—220 (2019).
    DOI: 10.1109/LCA.2018.2866243
  3. Junji Yamada, Ushio Jimbo, Ryota Shioya, Masahiro Goshima, and Shuichi Sakai:
    Bank-Aware Instruction Scheduler for a Multibanked Register File,
    IPSJ Journal of Information Processing, Vol. 26, No. , pp. 696—705 (2018).
    DOI: 10.2197/ipsjjip.26.696
  4. Keita Doi, Ryota Shioya, and Hideki Ando:
    Performance Improvement Techniques in Tightly Coupled Multicore Architectures for Single-Thread Applications,
    IPSJ Journal of Information Processing, Vol. 26, No. , pp. 445—460 (2018).

国際会議


  1. Susumu Mashimo, Ryota Shioya, Koji Inoue:
    Energy Efficient Runahead Execution on a Tightly Coupled Heterogeneous Core,
    International Conference on High Performance Computing in Asia-Pacific Region (HPC Asia 2020), pp. 207-216, Fukuoka, Japan, Jan. 2020.
    DOI: 10.1145/3368474.3368496
  2. Susumu Mashimo, Akifumi Fujita, Reoma Matsuo, Seiya Akaki, Akifumi Fukuda, Toru Koizumi, Junichiro Kadomoto, Hidetsugu Irie, Masahiro Goshima, Koji Inoue, and Ryota Shioya:
    An Open Source FPGA-Optimized Out-of-Order RISC-V Soft Processor,
    IEEE International Conference on Field-Programmable Technology (FPT), pp. 63—71 (2019).
    (Best Paper Candidate)
    PDF
  3. Hidetsugu Irie, Toru Koizumi, Akifumi Fukuda, Seiya Akaki, Satoshi Nakae, Yutaro Bessho, Ryota Shioya, Takahiro Notsu, Katsuhiro Yoda, Teruo Ishihara, and Shuichi Sakai:
    STRAIGHT: Hazardless Processor Architecture without Register Renaming,
    IEEE/ACM International Symposium on Microarchitecture (MICRO 51), pp. 121—133 (2018).
    DOI: 10.1109/MICRO.2018.00019
    PDF
  4. Shinji Sakai, Taishi Suenaga, Ryota Shioya, and Hideki Ando:
    Rearranging Random Issue Queue with High IPC and Short Delay,
    IEEE International Conference on Computer Design (ICCD 36), pp. 123—131 (2018).
    DOI: 10.1109/ICCD.2018.00027
  5. Tomoki Tajimi, Masaki Hayashi, Yuki Futamase, Ryota Shioya, Masahiro Goshima, and Tomoaki Tsumura:
    Isolation-Safe Speculative Access Control for Hardware Transactional Memory,
    IEEE International Conference on Electronics Circuits and Systems (ICECS 2018), pp. 517—520 (2018).
    DOI: 10.1109/ICECS.2018.8618020
  6. Yuki Futamase, Masaki Hayashi, Tomoki Tajimi, Ryota Shioya, Masahiro Goshima, and Tomoaki Tsumura:
    An Analysis and a Solution of False Conflicts for Hardware Transactional Memory,
    IEEE International Conference on Electronics Circuits and Systems (ICECS 2018), pp. 529—532 (2018).
    DOI: 10.1109/ICECS.2018.8617977
  7. Yasumasa Chidai, Kojiro Izuoka, Ryota Shioya, Masahiro Goshima, and Hideki Ando:
    A Tightly Coupled Heterogeneous Core with Highly Efficient Low-Power Mode,
    International Conference on Architecture of Computing Systems (ARCS 31) (Springer), pp. 211—224 (2018).
  8. Ushio Jimbo, and Ryota Shioya and Masahiro Goshima:
    Application of Timing Fault Detection to Rocket Core on FPGA,
    International Workshop on Computer Systems and Architectures (CSA), pp. — (2018).

国内会議 (査読付き)


  1. 神保潮, 塩谷亮太, 五島正裕:
    Rocket に対するタイミング故障検出・回復の適用,
    Cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG), (2019).
  2. 飯田凌大, 塩谷亮太, 五島正裕, 津邑公暁:
    一貫性検証手法の動的切り替えによるソフトウェアトランザクショナルメモリの高速化,
    Cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG), (2019).
    (Outstanding M1 Student Award)
  3. 小泉 透, 塩谷 亮太, 入江 英嗣, 坂井 修一:
    リネームレスアーキテクチャに適するオペランド表現,
    Cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG), (2019).
    (Best M1 Student Award)
  4. 小林 龍之介, 二間瀬 悠希, 多治見 知紀(名工大), 塩谷 亮太(東大), 五島 正裕(NII), 津邑 公暁(名工大):
    トランザクショナルメモリにおけるメモリアクセスパターンを考慮したポリシー動的切り替え手法,
    Cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG), (2019).
    (Best Undergraduate Student Award)
  5. 中村 朋生, 塩谷 亮太, 入江 英嗣, 坂井 修一 (東大):
    キャッシュ圧縮による余剰領域を利用した仮想プリフェッチ・バッファ,
    Cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG), (2019).
  6. 林昌樹, 二間瀬悠希, 多治見知紀, 塩谷亮太, 五島正裕, 津邑公暁:
    トランザクショナルメモリとロックを併用する並行性制御手法,
    Cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG), (2018).
    (Outstanding B4 Student Award)

口頭発表


  1. 眞下達,塩谷亮太,井上弘士:
    動的スクリプト言語の高効率実行を目的としたプロセッサアーキテクチャの拡張,
    情報処理学会研究報告 2019-ARC-240,(2020).
  2. 出川祐也, 中村朋生, 小泉透, 塩谷 亮太, 入江英嗣, 坂井修一:
    タイミング調整を行うプリフェッチャに対して投機ミスが与える影響の解析,
    情報処理学会研究報告 2019-ARC-237, (2019).
  3. 今泉 勇斗, 塩谷 亮太, 安藤 秀樹:
    キャッシュ・パーティショニングによる性能向上のためのMLPを意識した実行サイクル数の推定,
    情報処理学会研究報告 2019-ARC-236, (2019).
  4. 小林 龍之介, 二間瀬 悠希, 塩谷 亮太, 五島 正裕, 津邑 公暁:
    メモリアクセス解析に基づくトランザクショナルメモリのポリシー動的切り替え手法,
    情報処理学会研究報告 2019-ARC-236, (2019).
  5. 中村 朋生, 小泉 透, 出川 祐也, 稲岡 航大, 有馬 裕一郎, 塩谷 亮太, 入江 英嗣, 坂井 修一:
    RISC-V上で実行するSPEC CPU 2017のSimulation Point解析,
    情報処理学会研究報告 2019-ARC-236, (2019).
  6. 神保 潮, 塩谷 亮太, 五島 正裕:
    タイミング・フォールト検出回復手法のRocketに対する適用,
    情報処理学会研究報告 2019-ARC-235, (2019).
  7. 劉 兆良, 塩谷 亮太, 安藤 秀樹:
    グループ化したストリームからのフィードバックを用いたストリーム毎に最適化するストリーム・プリフェチャの高効率化,
    情報処理学会研究報告 2019-ARC-235, (2019). (情報処理学会 システム・アーキテクチャ研究会 (ARC) 若手奨励賞)
  8. 穐山 空道, 塩谷 亮太:
    Approximate Memoryのデータ分離に起因する性能低下を抑制するプリフェッチ手法,
    情報処理学会研究報告 2019-ARC-235, (2019).
    (電子情報通信学会 コンピュータシステム研究会 (CPSY) 若手研究発表賞)
  9. 神保潮, 塩谷亮太, 五島正裕:
    動的タイム・ボローイングを可能にするクロッキング方式のプロセッサへの適用,
    情報処理学会研究報告 2018-ARC-232, (2018).
  10. 松尾玲央馬, 塩谷亮太, 安藤秀樹:
    パイプライン構造の動的制御による命令フェッチ・スループットの向上,
    情報処理学会研究報告 2018-ARC-232, (2018).
  11. 李虹希, 塩谷亮太, 安藤秀樹:
    SRAMの電力/遅延シミュレータCACTIへのシングルエンド方式の対応,
    情報処理学会研究報告 2018-ARC-232, (2018).
  12. 多治見知紀, 二間瀬悠希, 林昌樹, 塩谷亮太, 五島正裕, 津邑公暁:
    トランザクショナルメモリにおける分離性を緩和するスケジューリング手法,
    情報処理学会研究報告 2018-ARC-231, pp. 1—6 (2018).
    (情報処理学会 システム・アーキテクチャ研究会 (ARC) 若手奨励賞)
  13. 二間瀬悠希, 多治見知紀, 塩谷亮太, 五島正裕, 津邑公暁:
    トランザクショナルメモリにおける競合誤検出の影響調査とその改善手法,
    情報処理学会研究報告 2018-ARC-231, pp. 1—6 (2018).
    (電子情報通信学会 コンピュータシステム研究会 (CPSY) 優秀若手発表賞)
  14. 林昌樹, 二間瀬悠希, 多治見知紀, 塩谷亮太, 五島正裕, 津邑公暁:
    最適な並行性制御を適用するコード生成手法の検討,
    情報処理学会研究報告 2018-ARC-230, No. 12, pp. 1—6 (2018).